スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
第54話「我が道」
中宗は頻繁な下痢と老衰によって腸閉塞を起こしていた。
チャングムは、唯一の治療法として患部を直接切り取ることを提案する。
王の腹を切り開くことに、皇后を始め周囲の反対はすさまじく、大臣たちはチャングムを厳罰に処すよう中宗に直訴する。
内侍府の長官に北の門へ行くよう命じられたチャングムは、袋を被せられ、宮中から連れ出される。
向かった先は流刑にされたミン・ジョンホのもとだった。
同行した内侍府の役人からチョンホに、チャングムとともに明国に向かうよう王命が伝えられる。
その頃、宮中では中宗が最期の時を迎えていた。

歴史ドラマの世界がすべてわかる!! 韓流時代劇 歴史人物ガイド
スポンサーサイト

テーマ:韓国時代劇 - ジャンル:テレビ・ラジオ

[2012/04/05 12:14] | 51話~54話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<第53話「ふたつの愛」 | ホーム | チャングムの誓いとは?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://nabenntyu.blog.fc2.com/tb.php/54-2ccf893b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。