スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
第44話「投獄」
皇后から中宗の病気の真相を突き止めるよう命じられたチャングムは、内侍府(ネシブ)の長官に連れられ、宮中の菜園へ赴く。
菜園の診療所には、ミン・ジョンホとチャンドクが待っていた。
チャングムは、中宗と同じく傷寒症を繰り返す患者たちを治療し、中宗の病因を探る。
一方、宮中では再び料理に疑いが向けられていた。
水剌間(スラッカン)とチェ・パンスルの屋敷が捜索され、クミョンの薬味入れから毒キノコのワライタケが見つかる。
クミョンは覚えがないと必死に訴えるが、内侍府に拘束される。
ヨリを使って罠を仕掛けたのは、チェ女官長に宮中を追われ、恨みを抱くヨンシン元女官長だった。

歴史ドラマの世界がすべてわかる!! 韓流時代劇 歴史人物ガイド


スポンサーサイト

テーマ:韓国時代劇 - ジャンル:テレビ・ラジオ

[2012/03/25 20:09] | 41話~45話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<第43話「皇后の決断」 | ホーム | 第45話「失明の危機」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://nabenntyu.blog.fc2.com/tb.php/44-6be35cbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。