スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
第32話「無罪放免」
チャングムは、倭寇の頭目を治療したことで裏切り者の嫌疑をかけられ、都の義禁府(ウィグムブ)に連行される。
済州島(チェジュド)の長ハン・ドンイクが、奴婢の女が倭寇と通じていたと報告したのだった。
ミン・ジョンホは報告の虚偽を暴くが、オ・ギョモは王命により内通者は厳罰だと一蹴。
事の真相は宮中に広まり、医女としてどう行動すべきかと医女たちに問われた皇后から、中宗に伝わる。中宗はハン・ドンイクを罷免、オ・ギョモにも厳重な注意を促し、チャングムは無罪放免となる。
宮中の医官に復帰したウンベクは、復讐を諦めていないチャングムに、近く医女試験があるとは教えないことにする。

★送料無料★全世界で一番美味しい海苔!宮中のり 1BOX(3P X 24個)4個まで
スポンサーサイト

テーマ:韓国時代劇 - ジャンル:テレビ・ラジオ

[2012/03/16 10:14] | 31話~35話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<第31話「初めての鍼(はり)」 | ホーム | 第33話「うぬぼれ」 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://nabenntyu.blog.fc2.com/tb.php/32-3cae8ba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。