スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
第14話「蜂の針」
みその味が変わった原因を突き止めたハン尚宮(サングン)とチャングム。
しかし、いまだ味覚の戻らないチャングムは気が晴れない。
ある日チャングムは、かつて医師だった菜園のウンベクに相談に行く。
ウンベクが蜂の針を調べていると聞いたチャングムは、自分に蜂の針を試して欲しいと申し出るが、断られる。
力を落とすチャングムに、居合わせたチョンホが慰めの言葉をかける。
その頃、水剌間(スラッカン)では「新しく考案した料理を競い合う」という毎年恒例の行事が近づいていた。
チェ尚宮は、これを利用しチャングムの味覚が失われていることを確かめようとする。


日本エロ写真史 (写真叢書)
スポンサーサイト

テーマ:韓国時代劇 - ジャンル:テレビ・ラジオ

[2012/03/08 21:17] | 11話~15話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<第13話「みそ騒動」 | ホーム | 第15話「捨てられた食材」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://nabenntyu.blog.fc2.com/tb.php/14-9bdfe540
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。